top of page
  • 執筆者の写真貴明 竹中

皆様こにちはは、Shikunuのタカアキです!

この冬の展示の告知をさせていただきます。


⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼

◆詳細情報◆

・開催期間:2023/12/01(金)~2024/01/31(水)

・営業時間:11:30~17:00 ※月曜日定休 ※最終日14:00まで

・出展会場:ジャスマックギャラリー:ジャスマックプラザホテル1F カフェ・ビーパスト店内

(〒064-0807 北海道札幌市中央区南7条西3丁目425 ジャスマックプラザ 1F)

⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼


所属の協会、北海道イラストレーターズ クラブ アルファ(Hokkaido Illustrators Club ALFHA)から経由して展示することとなりました。


期間はドーンと2か月!

今回は搬入の兼ね合いで超絶ビックな作品は持込できませんでしたが、お気に入りの子たちが皆さんと葵できることを楽しみにしております。



少々代わり映えのしないラインナップと思われてしまうかもしれませんが、

道外からお越しの方や、しばらく足を運んでいなかった方々は是非とも、年納めまたはクリスマスデートに、はたまた年明けの景気づけにお越しください!( ゚Д゚)


また、良ければ今後の作家活動の原動力・ガソリンにさせていただきたいので感想や、

足を運んだことをリポスト(旧リツイート)やポスト(旧ツイート)、DMなどでお知らせいただきたいです!


2か月と大変長期間ですので、バンバン宣伝していただきますようお願いします!!!


閲覧数:70回0件のコメント
  • 執筆者の写真貴明 竹中

皆様こにちはは、Shikunuのタカアキです!

もうすぐ始まる個展の告知をさせていただきます。


⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼

◆詳細情報◆

・開催期間:2023/09/26(火)~2023/10/01(日)

・営業時間:11:30~18:00 ※月曜日定休 ※最終日17:00まで

・出展会場:Coffe gallery Clement

(札幌市中央区南1条西13丁目317番地 フナコシヤ南1条ビル2階)

⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼⁼


昨年度末にもお世話になりました、Coffe gallery Clementさんでの展示です!





先日の個展では、急遽中止となる先方側起因のトラブルなどありましたが、

何とか気持ちも戻ってきたかなといった感じです。


秋らしい作品と、自分らしい作品として新作の展示はもちろんですが、

楽しく楽しく描いていきますので、今後ともどうぞよろしくおねがいします!m


閲覧数:77回0件のコメント
  • 執筆者の写真貴明 竹中

こんにちは。

今回Twitterにてご報告させていただきました個展の中止について、

多くの方より心配のお声と、どういった経緯・背景なのかと気になるというお声ありましたため、この場を使ってご説明をさせていただくこととしました。


今回の個展は、2023/06/03~2023/7/28という2か月間の予定でした。


最初は7月から1か月間の展示の予定でしたが、

先方さんの勘違いにより6月からの展示をするものだと思っていたそうで、

2か月間の個展期間へと延長することとなりました。


その時、私としては初めてのお店での出展となるため、新規の方々にも楽しんでもらえるのではないかなど期待に胸を膨らませていました。


7月に新作を搬入に伺った際、問題が発生しました。

先方様がお酒に吞まれていたこともあったのか、お前の努力が足りない、購入者もいない。

お前は本気じゃないから売れないし、誰も見もしない。粋がっているのか。

なめているのか。〇すぞ。など

こんな作品意味がない。全部下げてほしい。

勝手に捨てようかと思った、展示させていただいている立場を理解するべきなど。


私自信の否定に加えて、作品に対しても非情な発言もいただきました。

その後も体感1時間ほどにわたり、大変凶刃なお言葉をいただきました。


私個人としては、展示会場の提供者と展示作品の提供者という双方対等な立場であると考えておりました。

もちろん、リスペクトが無いわけではなく、お互いを尊重してこそ、信頼関係があってこそだなと痛感しました。

今回双方にとって期待を裏切る結果になったのかもしれません。

ですが自身が生み出した子らを堂々と下げるような言動については、オーナーさん・従業員さん共々到底許せるものではなかったという感想です。


帰り道は勝手に止められたタクシーに乗せられ、悔しさと恐怖でいっぱいでした。

今もまだ自分の数センチ先にあるあの目を思い出すと、胸がぐぅっと圧迫されます。

思い出したくなくても思い出してしまうので本当にしんどいです。


今回仲介に入っていただいた方々とお話をさせていただき、

展示について、これ以上かかわり続けることが精神的にも作品的にも難しいと判断し、中断させていただくこととなりました。


新作観に行きますとご連絡いただいておりました方には、大変申し訳ないですが10月に信頼・信用のできる会場にて個展を行う予定ではあります為、是非そちらにてご覧いただけると幸いです。


私自身の製作は今後も継続はしますが、このことは一生忘れることのできない傷となりました。


皆様には心配をおかけし申し訳ありませんが、今後の活動についても暖かく見守っていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

閲覧数:155回2件のコメント
bottom of page